2007年03月01日

ちょっといい話!19 〜言葉の音〜

こんばんは。

今日はずいぶん前に変なメールが来たって喜んで紹介した
「しゃべるメールサービス」の作成者さまからいただいたちょっといい話です。

あのメールの正体が!!←詳しくは


実は、とっても興味があったので、
「しゃべるメールサービス」のことを色々調べていたんです。
それで、あるセミナーに出席した時に偶然、出会えてしまったのです。
その時は名刺を交換して、
DoCoMoを見せながら対応してくださいよぉと
お願いをしてお別れしたんですが、
本日、上海帰り直後という事もありまして、
なんだか仕事したくなかったものですから、
女子社員のauを借りて、「しゃべるメールサービス」に
アクセスしてみたら、バージョンアップしてるじゃありませんか!

しかも、SoftBankに対応したという事なので、
感動して、すぐに名刺の番号に電話しました。
(実は会社からSoftBank携帯持たされております。トホホ)

そして、夕食をご一緒して来ました。
その食事をしている時にちょっといい話をゲットしたので、
今日はその話をご紹介いたします。

ちなみに、この話を掲載する代わりに、
リンクを貼ってくれと頼まれましたので貼りました。
「しゃべるメールサービス」

このサービスとっても楽しいですよ。
私のお気に入りは米国人の声。
しかも30日間は無料です。

体験にはメールアドレスとか登録しないとできないので、
ちょっと抵抗はありますが、
メールを使ったサービスなんで仕方ないといったところです。
まぁ、公式だし、個人情報保護なんとかは大丈夫でしょう。

興味のある方は一度使ってください。

P.S.
こんなに素晴らしいサービスなんですから、
別に頼まれなくても紹介してましたよ。


言葉の音

作者:「しゃべるメールサービス」の作成者さま

私には目の不自由な父と聾唖の妹がおります。
※聾唖という言葉はあまり良い印象を持たれないそうですが、
 ここはあえて作成者様の言葉をそのままお借りいたします。
 また、私は意味を知らなかったのですが、耳が不自由であるた
 めに言葉を話すことが困難な方のことをいうそうです。


人は私達家族の事をかわいそうだとか言ってくれますが、
それほど辛い思いをしたことはありません。

私にとってはごく当たり前なのです。
※Ueachは思わず「たいへんですね」と言ってしまったことを後悔しております。

正直、父や妹の個性に私は感謝してるくらいなのです。

というのは、あるクリスマスの夜、
私達がクリスマスカードをメールでやり取りして、
楽しんでいたんです。

すると父がなんだか寂しそうにしていたので、
カードに書かれていた物を読んだり、
説明したりしてあげました。

その時にメッセージを声で届けられたら良いな!と思って、
この「しゃべるメールサービス」を作ろうと思いました。

「しゃべるメールサービス」がデビューして一番喜んだのは、
会社でも私でもなく父でした。

父はすぐに携帯電話を買い、会員登録してくれました。

それから、今回のバージョンアップも実は妹のおかげなのです。

もし、目の前で落し物をした人がいたら、
皆さんはどうしますか?

当然、呼び止めますよね。
もちろん声を出して。

でも、妹は声は出るのですが、
言葉にならない事が多いので、
いつも悔しい思いをしていました。

妹の誕生日に靴をプレゼントすると約束していたので、
一緒に買い物に行きました。

すると、迷子の男の子がいて、
なぜか妹を母親だと勘違いしたようで、
べったり妹にくっついてしまいました。

私は男の子に、迷子になったんだねとか、
一緒にお母さんを探そうとか言って、
妹からひとまずその男の子を離しました。

そして、その時妹が言いました。
と言っても手話ですが、

「しゃべるメールを自分に送って」
「迷子の男の子がいるって鳴らそう!」

と、私は言われた通りにし、

「**くんという迷子の男の子がいます。」

という音を鳴らしながら、
館内放送をしてくれる場所を目指して、
妹とその男の子と3人で歩いていきました。

途中で母親に出会って、
迷子くんは嬉しそうに母親と一緒に行きました。

いつも悔しい思いをしている妹ですが、
この時ばかりは誇らしげにしていました。

私はホッと一安心したところで、
言葉をその場で音にできたら良いな!って思い、
今回のバージョンアップに踏み切りました。

でも、今回一番喜んだのは私なんです。

何故かと言うとね。

さっき妹から電話があって、
電話越しに、携帯からあの機械の音が聞こえてきたんですよ。

「お兄ちゃん。」
「携帯買ったよ。」
「私の言葉、聞こえる?」

私は思わず泣いてしまいました。

本当に嬉しかったんです。

別に家族のために作ったわけじゃないんです。
現に紹介ページをみてもらったら解る様に、
父や妹の為とかそんな大義名分なんてものはありません。
ただ、色んな人に楽しんでもらえたらそれで良いと思って、
作りました。

でも、妹の言葉が聴けたとき、
つくづく感じました。

家族の存在を。

そして、皆さんにも聞いて欲しいんです。

妹の言葉を。
posted by ueach at 21:33| 大阪 | Comment(6) | TrackBack(0) | ちょっといい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本文と関係があるかはわかりませんが、
携帯電話のメールサービスが始まった時、ろう者の携帯電話の契約数が跳ね上がったと言う話を思い出しました☆

ボランティア(社協から少し謝礼は出るみたいです)で手話通訳をしている母が、よく話してました♪

色んな人にとって便利である事が、ほんとに便利だって事ですね♪(*´▽`人)*゚+。*
Posted by ☆にゃんこ☆ at 2007年03月02日 15:23
☆にゃんこ☆様。
携帯メールでそのような現象が起こったんですかぁ。驚きました。
この話を聞いた時も思ったんですが、
どんな人でもみんな同じなんだなぁ。
ではでは。
Posted by 管理人 at 2007年03月02日 19:37
こんばんはー

とってもいい話ですね。

携帯だけでなく、誰にとっても便利で

幸せになれるそんなものが多くできればいいですね。

ぼくも登録したいと思います。
Posted by 小太郎 at 2007年03月10日 01:30
docomoはだめなんですね(T_T)
Posted by 小太郎 at 2007年03月10日 01:31
小太郎様>
おはようございます。
嬉しいコメントありがとうございます。
残念ながらDocomoでは使えないみたいです。
私はプライベート携帯がDoCoMoなんで、
会社の携帯で遊んでます。
早くDoCoMoで使えるようになって欲しいなぁ・・・。
Posted by 管理人 at 2007年03月12日 10:06
このような事実はございません。
早急に削除してください。
Posted by 本物の作成者 at 2007年11月05日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。